2ちゃんねる,VIPのSSスレを保存。いつでもラブライブ!スレ見てニヤニヤできます。PCでもスマホでも妹スレ読めます。

人気のSSスレ 全て見る

最近取得したSS 全て見る

評価の高いSS 全て見る

唯「内臓が無いぞう、なんちゃって」

91 Res  dat落ち(DL)  スレ立て時刻:2011/03/27 22:07:31  最終書き込み時刻:2011/03/28 02:54:40 

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/03/27 22:07:31.79 ID:jy9TXkY80
唯「このお菓子、おかしーし! どう? 私のダジャレ?」

澪「いや、どうって言われても……」

律「下手なシャレはやめなしゃれ」

唯「おお! 上手いねりっちゃん」

律「……ダジャレを褒められるのってなんか恥ずかしいな。ていうか、何で急にダジャレなんて言い出したんだ?」

唯「いやー、実は昨日読んだ本にさ……うっ」ズキンッ!

ID:5MJ1tM490

2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/03/27 22:08:03.15 ID:r/SEjinR0
代行サンクス

3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/03/27 22:12:01.08 ID:rETHbDqY0
からの

4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/03/27 22:13:03.95 ID:obz3tYXR0
唯ちゃんは唯一の宝物

5代行ありがとうございます: [] 2011/03/27 22:16:07.04 ID:5MJ1tM490
唯「あ、あれ?」
 
梓「どうしたんですか? 唯先輩」
 
唯「う、うう……い……痛い」ガタッ
 
紬「どうしたの? 大丈夫? 唯ちゃん!」
 
唯「う……あ……」
 
澪「ゆ、唯!」

律「誰か、えっと、梓! 先生よんでこい!」

梓「は、はい!」ダッ



6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/03/27 22:22:52.58 ID:5MJ1tM490
1月14日

 平沢唯は少々不機嫌だった。急に心臓が痛くなって倒れた後、気がついたときには鼻に妙な形のチューブが付けられていた。
確か、カニューレとかいった名前だったはずだ。看護師さんがそう呼んでいるのを聞いた気がする。
 
 鼻がかゆい、チューブのせいだ。腕もかゆい、点滴のせいだ。頭が重い、病室独特の雰囲気のせいだ。

 今日の昼には、両親と憂がお見舞いに来てくれることになっている。そのときに自分の病気についても説明されるはずだ。
まあ、自分は健康優良なので、それほど重い病気ではないはずだ。大丈夫、大丈夫。

「大丈夫……だよね……」


7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/03/27 22:27:09.87 ID:5MJ1tM490
1月19日

 平沢唯が突然倒れて病院に搬送されてから数日がたった。

 ガヤガヤとうるさい休み時間の教室で、律と紬は間に机を一つはさんで向かい合って座っている。

「なあムギ、唯の病気って、やっぱり重い病気なのか? 病名を聞いても私にはさっぱりなんだけど……」
律のいつもの元気の良さはなりを潜めている。表情もどこか暗い。

「……軽くはない、いえ、そうね……重い病気だわ。心臓病だもの」

「重いって……でも、あれだろ? 手術すれば治るんだろ?」

 焦燥感が押し寄せる。律は背中に氷の塊でも突っ込まれた様に、ぞくりとした。急に酸素が薄くなったみたいに呼吸がしづらい。

「治るわ。治るに決まってる」紬は自分に言い聞かせるかのように呟いた。

「だ、だよな。あー、良かった。うん、唯は治るに決まってる! 大丈夫だ!」

「ええ、そうよ。治るのよ。そう決まってるんだもの」

 紬の瞳には、妙な迫力があった。その瞳をみて、律は不思議と安心している自分に気づいた。



8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/03/27 22:30:44.23 ID:gSwe+xjKO
つまんなそうな匂いがプンプンする

9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [sage] 2011/03/27 22:31:24.22 ID:uA2dLsep0
医者「唯さんの内臓が・・・ないぞう」

10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/03/27 22:32:03.69 ID:5MJ1tM490
1月24日

「ねえ、憂」唯はベッドに寝転んだままの態勢で、妹に話しかけた。

「なあに? お姉ちゃん」

「私、死ぬのかな?」

「……そんなこと言っちゃダメだよ。大丈夫、治るよ」

 憂の言葉には何の保証もない。医者による自分の病気についての説明は正直言って半分も理解できなかったが、
それでも難病であることはかろうじてわかった。どうやら心臓移植が必要であるらしいことも。

「ドナーが見つかって、心臓移植を受けられれば、また学校にも通えるようになるよ」

 憂は必死に励まそうとしてくれているが、日本で心臓移植を受けるのが難しいことなんて日本人なら誰でも知ってる常識だ。
ならば海外に行けばいいのかと言えばそういうわけでもない。心臓移植を待っている患者に対して、ドナーが圧倒的に少ないのだ。
自分が死ぬ前にドナーが現れる可能性なんて、1%にも満たないはずだ。

「憂、ごめん……一人にしてくれるかな」

「お姉ちゃん……私、漫画買ってくるね。お姉ちゃんの好きなやつ!」

 マンガなんて読んでも気分が晴れる気はしなかったが、憂の気遣いがうれしかった。





>>全てを読む(-1001) >>直接開く 前100 次100 最新50
投票にご協力を!

91 Res  dat落ち(DL)  スレ立て時刻:2011/03/27 22:07:31  最終書き込み時刻:2011/03/28 02:54:40 


関連するスレ

唯 「あれれ?今月の給料が振り込まれてないよ?」 (60)
唯(あずにゃんの足…)クンカクンカ 梓「ニャ!?」 (68)
唯 「あずにゃんとボク」 (127)
唯 「あれっ、わたしのイスがない!」 (146)
唯 「ぐっど ばい」 (1001)

この記事へのコメント

name

comment

サイト内検索

リンク

最近読まれたSS

最新コメント

9/21 Lenalib Хватай...
9/21 LenaAgink Хватай...
9/21 Lenavarse Хватай...
9/21 MatthewMak Кому...
9/21 MatthewMew Здесь...
9/21 Jessiepem ...
9/21 Walterdrine XYZ|國中基...
9/21 OlgaBom Friends...
9/21 Jessieves  осб...
9/21 Morristah Предлаг...

Twitter

About

Contact

スポンサーリンク

SSったー!Twitter SSったー!info